不可能を可能にする。それこそがランボルギーニのDNA。

パーフェクトな自動車を作るというフェルッチオ・ランボルギーニが描いた夢から、初代V12エンジンへ。
ミウラで超えるべきハードルを引き上げ、
カウンタックで未来のデザインを予見し、
LM002で新たな道を切り開いた。
数々のルールを打ち破り不可能を可能にしてきた。
それはランボルギーニのDNAに常に存在してきたもの。